top01.jpg
menu01.gifmenu08.gifmenu11.gifmenu06.gifmenu12.gifmenu10.gifmenu09.gifmenu16.gifmenu04.gifmenu14.gifmenu15.gif


NEW.gifSIMWIND動作完了

2018.8.19 シムウインド完成しました。link.gif
2018.8.26 シムモーション完成しました。link.gif
2018.8.19 シムウインド制作開始しました。link.gif
2018.8.7 シムモーション作り方第3章とし構成図アップしました。
2018.7.29 BBS設置しました。お気軽に書き込みください。
link.gif
2018.7.28 シムモーション作り方第2章としてまとめてみました。

sim55.jpg


rfactormini.gif RFACTOR ONLINE SERVER
なぜ、今になってrFactorなのか?今だからrFactorなのです。2005年に発売になり、10年以上経過したタイトルで、グラフィックは最新レースゲームには及びませんが挙動は業務用シミュレータにも使用され、MODの多さは計り知れないものがあり、ゲーミングPCも必要なく、高速インターネットもお手軽になりましたし、旧世代PCで本格レースが楽しめるところが最高です。ビデオカードだけで10万円なんて、月の小遣いが5,000円の私には到底考えられません。rFactorをまだ知らないお父さんは多いと思いますので家にあるPCで一緒にやりましょう。まだまだrFactorで遊んでいこうと思います。最近ではオンラインに課金が掛かり、有料のMODまでありますが、
rFactorは全て無料で楽しめます。

rfactormini.gif  モータスポーツについて
モータースポーツをしてみたいという気持ちは、男なら多少なりともあるとは思いますが、今年52歳を迎えるまで、実車はとても手が出なく、ラジコンさえもお金掛けたもの勝ち的な要素が多く、実際スロットレーシングのサーキットを営業していたこともあり、レギュレーションのハードルを低く設定して行っていました。基準にあったパーツを使用しても、個体差があり、1個を大切に使っているレーサーと、何十もある中から選ぶのでは当然、差が生じてきます。それに比べ、ネットレースは、ほぼ、完全イコールコンディションで行えることが良いですね。又、私の現在の小遣いは毎月5000円と厳しい状態でも白熱したレースを体感できるのも〇。発売当時からrFactorをオフラインで遊んでいましたが、ネットレースとなると、遠慮しがちでした。今になってやりたくなってしまいました。どうしてrFactorなのかというと、挙動がいいところはもちろんですが、快適にプレイするのにハイスペックPCは必要なく、CORE2+安いGeforceで60以上のフレームレートで楽しめるのも〇。そんなことから


R.O.R.C (rFactor 小遣いでもできる RACING CLUB)

ということにしました。

サーバの練習走行利用時は、気軽に走りたいとき走り、出たくなったら、いつでも出れる。極端に言えば、「HI!」だけでで全てオッケーです。

sim48.jpg

box4.gif box3.gif

Copyright (C) 2018 Racingsim.club Motorsport Simulations, All Rights Reserved.