Top
Mod
Join
BBS

Rfactor-logo2.ai.jpg

2feb60c5.jpg

rFactor

2005年に販売開始されたtFactorですが、まだまだ購入できます。
amazon CD版、Steamダウンロード版もありますが、現在では
複数インストールでき
るamazonDVD版での購入がよいかと思います。
¥2,480(これ以上かかりませんMODなど全て無料)
購入前のデモもダウンロードできます。


PC:CPU=CORE2でも十分(3GHz程度)
HD=300M程度
GPU=GeForce GT710程度(シングル画面)
メモリ=OSによりますが4G程度
OS:WINDOW7以降推奨(当方でのテストではXPより7以降の64BIT、OSの方がフレームレートが上がりました)
モニタ:ご家庭にあるHDMI端子のあるテレビ
コントローラ:ロジテックロジクール ドライビングフォースなどのPS用の安いハンドルコントローラーでも十分走れます。(ワットマンなどで中古1000円程度〜)
上記にネット環境があれば参戦即可能となります。上記全て中古で揃えても多分、2万円程度で、本格レース参戦できてしまうので、いい時代ですね。


MOTEC

下記のリンクからダウンロードし、走行データをロガーとして出力し分析することができます。真剣に設定を行う場合、非常に便利ですし浸れます。全て無料です。ただ、rFactor CENTRALからMoTeCとPlug inとMoTeCのモニターソフトのリンク切れのため、下記からダウンロードしてください。

RFACTORのプラグインダウンロード
本家MoTeCのモニターソフト


普通に両方を指示に沿ってインストール。
コースインすると「Data acquistion is off」”ログの書き込みOFF” と言ってくれて、Ctrl-mを押すと、「 Data acqusition enabled 」”ログの書き込みON”と教えてくれます。


コースを走って、ピットインすると
rFactor\UserData\LOG\MoTeC
上記フォルダーが作られモーテックデータが入っています。


MoTeCを立ち上げて、好きなプロジェクトを作ってOpen Log fileで上記MoTeCフォルダのデータを読み込みます。

rfactorのルートにある
DataAcquisitionPlugin.ini の Logging Active On Startup を 1にすると、最初から書き込みONなります。


TAKATEC
MoTeC風のディスプレイをサブモニターに表示すれば、雰囲気はまんまMoTeC。設定も簡単です。フリーで公開してくれている熱いぜ!GT保管庫様に感謝


Real Feel FFB Plugin 0.92

ffb01.jpg

ffb02.jpg

(フォースフィードバックをリアルにするプラグイン)
ダウンロードしてきたプラグインを \rFactor\Plugins\ に入れて、コースに出ると、\rFactor ディレクトリにRealFeelPlugin.ini ができます。この中のRealFeelIsOn を True にするとプラグインが有効になります。.iniの中に、その時使ったMOD名でテンプレートのように[MOD名]、データの項目が自動的に追加されます。それを使えば各MOD毎に設定が変えられます。Readmeを読んでみると、作った人は、オリジナルのrFactorのFFBは全然よくないので、何かいい方法はないかISIに聞いたところ、物理エンジンからのSteeringArmForceのデータを直接ステアリングに入力するプラグインを作ることができるって言われたので、やってみたらしいですね。


1.インストール

(1)「RealFeel_v0.92.rar」を解凍して「RealFeelPlugin.dll」をrFactor.exeがあるルートディレクトリに入れる。

2.起動コースに入ると、「Realfeel enable!」と叫んでくれる。3.調整このプラグインは、各車種ごとに設定を保存してくれる。なので新車に乗ったら調整する必要がある。

基本操作

(1)rFactorの本来のFFBの設定を、-100%、wheele、LOW にする。本家が、無難に出力して、これにプラグインが効果をプラスするって感じらしい。
(2)極性の設定。効きが反転していたら、「右CTRL+テンキー8」で合わせる。押すたびに設定がトグルで変更される。


(3)効きの強さ
FFBを強める 「右CTRL+テンキー7」※変更した設定値を叫んでくれる。
FFBを弱める 「右CTRL+テンキー9」


(4)有効/無効に切り替え
「右ctrl+NUM2キー」
※「Realfeel enable!」と叫ぶ or 無言


詳細設定
(1)SteeringDamper (ステアリングのダンパーの強さ)


路面からの情報が強まる 右CTRL+テンキー4 ー (10段階)
路面からの情報が弱まる 右CTRL+テンキー6 − (10段階)


GIDV1.1.2
Global Info Display e Trackmap

走行画面でGIDが起動している状態で
Ctrl+Shift+Spaceを押すとBox(オブジェクト)の選択が出来ます
BOX選択状態でマウスを動かすとBOXが任意に移動します
BOXを固定したい場所に移動して左クリックでその場所に固定されます
またリターンで表示のON/OFFが選択できます


またAlt+Spaceでメニューを開く/メニューを進めることが出来ます
メニューには色々な機能がありますが
とりあえず現在の設定を全セッションに適応するには
Layout to Allを選択してください


また色々弄りすぎて分けが分からなくなった場合には
メニューからRESET Layoutを選択するとデフォルトされます
(その際rFが落ちることもありますが再起動すると元に戻ってます)


Spotter Plugin 2.17
(レース中のピットからのリアルな無線を再現するアドオン)

4G PATCH
最大利用メモリを4GBに拡張する (4GBパッチ)

NOCD
DVDなしで起動

※上記他多数のMODが存在していますが、大手のサイトも年を重ねていくうちにクローズとなり、上記のMODが見つからない場合はメールいただければリンク先をお知らせいたします。

Copyright (C) 2018 Racingsim.club Motorsport Simulations, All Rights Reserved.